社会人として人生を学ぶ者の日々を書きちらし・・・。


by jurisprudentia
カレンダー

<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

自転車通学

運動不足解消のために、一気に健康志向が高まり、自転車を使い片道12キロくらいを爆走してます(笑)

しかしながら、今回チョイスしたのがマウンテンバイクのため、ペダルの部分が金属で、革靴の靴底が削れるんですけど・・・・・。

ペダル部分だけ交換することってできないだろうか。

基本的に、マウンテンバイクにあうようなアウトドアな靴は持っていないんですけど。

いろいろと試してみようと思います。

昨日まで、三日続けて自転車で往復24キロの道を走ったせいか、今日は両脚ともに筋肉痛です。
二日目から、痛いのはわかってたんですが、極めつけが、昨日の帰り道に長い緩やかな上り道を一気に駆け上がろうとしたことなんだろうと・・・・。

人間の身体の限界を試してみようというのは、アスリートの悲しい性でして(涙)

安いマウンテンバイクなので、どんなに頑張ってもそこそこのスピードしか出ないんで、その辺は安心設計なんですが。

ぼちぼち頑張って自転車こいでます(笑)
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-29 13:54
工場法制定にあたっての、帝国議会の委員会資料を読み終えました〜。はっきり言って遅いとしか言いようがありません。本当に論文が間に合うのか・・・・。

だんだんと不安になってきます。

2年生の先輩方は、もうほとんど論文等は読み終えて、書くだけの作業になっているんでしょう・・・。

そもそも、一年生が論文を書いて、一年で修了するってどうなんだろう・・・・。全国的に見ても珍しい・・・というより、あり得ない制度なんじゃないだろうか・・・・。

修了したいけど、修了するためには非常に高い代償を払わなければならない気がする・・・・・。

健康って高いよ。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-27 17:45

今日は頭痛

え〜、毎度毎度の不健康ネタでございます。

なんだか、居酒屋で肝臓の数値を自慢しているサラリーマンのようでございます(笑)

睡眠障害のような状態が、昨晩はなく、途中一回起きる程度で今朝を迎えました。

いや、本当に最近は眠れない日が続いたんですね。本当に眠くて、どうしようもなかったもん。

ということで、昨晩は眠れたんですが、今朝、学校へ向かうバスの中で、だんだんと頭痛が・・・・。

学校に行きたがらない小学生のような症状の発生のしかたではないかorz

いや、本当に自分でも最近どうかしてます。というか、病んでます。はい。

相当なストレスがあるようで。

ストレスフルですね。

どっかの力士やボクサーは、ストレスが溜まると精神科の先生にいろいろと診断してもらって、休養するかのように現実世界から逃げてしまいましたが、こちとらそんなことはできません。

情け容赦なく期限というものはくるものです。

いや、本当につらいんだけど、それでも乗り越えなければならんとです。

乗り越えようとする意思があるうちは大丈夫って?

大丈夫と思われている人間が実は一番危なかったりするわけですが・・・・。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-25 10:10

だるさ全開

最近、やたらと寝付きが悪く、本当に眠い状態で布団に入っても、一時間は寝る事ができません。寝入っても、数時間経てば目を覚まし、そしてまた眠るというのを繰り返しています。

というわけで、だんだん身体が重くなってきてます。

いや、メタボがどうのというわけではなく、体調が悪いってことでして(汗)

そして、体調が悪くなってくると、人と接する態度も悪くなるわけで・・・・。

悪循環ですね。

原因は修士論文のストレスっていうのは分かってるわけですが、なかなかこればっかりはどうしようもありませんね。

書いてしまうしかないんですけども。

今日は、少し手先にしびれが出てますが、これは肩こりのせいなんだろうか・・・・・。

なんとか、ストレス発散方法を見つけなければいけませんね。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-24 14:27

防衛省

最近何かと話題になっておられる元事務次官の方がおられますが、官民癒着というものがやはりあったようですね。自衛官の倫理規定に「利害関係者と遊戯やゴルフをしてはいけない」という規定があったようですが、それでもやってしまったようで・・・・。

本人は、現在大臣にかけあっておるようですが、しかしながら・・・・・。

やってはいけないでしょう・・・・。

だって、モロにゴルフって書いてあるし・・・・。

真面目に働いている公務員もいる傍ら、こういう輩がクローズアップされて、公務員自体のイメージが悪くなってしまうとなると、真面目にされている方がかわいそうになってきます。

癒着なんぞするな。真面目に働け。それだけです。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-22 11:36

呑み會

昨日は、関係者の方に試験の合格を祝ってもらいました。

この鬱々とした日々に少しの安らぎを与えてもらいました。

しかしながら、本当に気が休まることってないんですよね。
いくら飲んでいても、頭の片隅から論文が離れることはなく、飲んでいる最中にさえ、論文に使う資料のことばかり考えている自分がいるという・・・。

こうなってくると、ほとんど末期症状なんでしょうけど・・・。

誰しもが通って来た道ですし、こればかりは仕方ない。
一年で修士を修了するということ自体が少し常識から離れているわけで。
人よりもキツい道であるということは覚悟していたはずなんですが・・・・。



キーボードにカバーをかけたら、かなりタイピングしづらい・・・。外すと音が出過ぎて、先輩方に迷惑がかかるし。

悩みはつきないわけです。

なんとか修士論文の体裁を整えるところまで頑張って持って行こうと思います。応援よろしくお願いします。


かなり、長文にわたって愚痴ってしまった・・・・。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-21 11:55

階段落ち

昨晩は、階段から落ちまして、本当に痛かった・・・・。

あると思ってたはずの段がなく、足を踏み外し、そして・・・・。

階段の下の方で踏み外したんで、豪快に落ちるということはなかったんですが、それでも背中くらいは打ったようです。本当に危ないですね。足下は注意しましょう。

現在は、背中の痛みがあります。生活に支障があるような痛みではないので、別段問題視するほどではないんですが。それでも、自分の運動能力の低下を思わせる事件でした。本当に大丈夫か僕・・・・。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-20 13:51

資料読み

そろそろ、本腰を入れて論文を書かないといけない時期ではあるんですが、しかしながら、そうも言っていられないほど資料を読めていません。

ここにきて、労働系の法制史をやる人間が修士号をとったという噂を聞かないというジンクスが、やたらと現実味を帯びて・・・。ぐは〜。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-19 19:25

労災認定

東京(だったかな?)でパワハラでの自殺に労災認定されたとか。

つまり、パワハラが災害であると認められたということですね。

もちろん、これは自然災害などではなく、人災ですので、阻止する事は可能なんですが、世のパワハラ推進者は、なかなかパワハラをやめようとしないんですね〜。

というよりも、自分が災害を起こしているという自覚がないのかもしれませんね。

自覚を持って生きましょう。

中学校や小学校で学んだはずではないでしょうか。

人に自分がされて嫌な事はしないという最低限度のルールさえ守れない輩が、世の中から消えてなくなるということはないのかもしれませんね。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-16 13:11

論文作成開始

いよいよ、今日から本格始動することになりました。というのも、資料を読んでいたら、今年度の終わりには絶対に間に合わないということが分かったために、論文の書き方としては御法度かもしれないが、持論展開の中に資料をあわせるというスタイルに変更したというのが大きな要因。

いや、本当に無理だと思った。

だって、数ヶ月かけて、やっと4分の1の資料しか読めないんだもん。

資料収集して、それと同時進行で資料を読んで、まとめていく・・・・そして書く!!





どんだけ〜!

ここで、この言葉を使うあたりで、ご時世に置いて行かれている感が否めないのだが・・・。

本当に、テレビを観たりして休憩はしたいんですけど、どうしてもプレッシャーが勝ちますわな。

休んでなかったら、結構鬱に近い症状が出て来てるんで、自分自身にカウンセリングをかけながら対処してます。

僕って、結構器用なのかもしれない(笑)

そんなこんなで、なんとか生きてます。

夜になったら、妖精さんがやってきて、論文を片付けておいてくれるなんてことがないだろうか・・・・。
[PR]
by jurisprudentia | 2007-10-15 19:14